読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tears and Smile

関ジュ&JUMP(特に向井康二とやぶひかを贔屓してる)などを書く自己満足ブログです

ピンクとグレーを観て

今回、ピンクとグレーを観てきました。私の正直な感想を書きたいと思います。ネタバレもあるので、まだ観ていない方はこれ以上見ないようにしてください。
※ちなみに、感想はいいことを書いてません。読む時は、ご了承ください。

















正直に言うと、62分の衝撃ってどこ?って感じでした。あえて上げるなら夏帆ちゃんのギャップ(笑)あれは凄かった。
私の個人的ルールとして、原作のあるものは、原作を見たならば映像化は観ない。逆に、映像化を見たならば原作を観ないようにしている。理由としては、世界観が崩れそうだからだ。原作を読んだ場合、自分のイメージするからだ。しかし、今回ばかりは原作を読んでみようかなと思った。これは原作の方が面白いのでは……!?と。

前半の映画の撮影シーンは良かった気がする。河田演じる白木と成瀬演じる河田、そして三神演じるサリーの青春時代は素直に良かったと思う。何気ないことでふざけ合ったり、笑いあったり、まさにザ・青春。

後半はあっさり始まった気がする。最初に書いた通り、あれ?これが衝撃?みたいな感じだった。そして、私の理解能力が無かったからなのか、状況が理解出来なかった。ちょっと経ってから、白木=河田だと知った時は自分の中で複雑だった。代わり映えがしないというか…性格がそのままにみえたというような…(説明ベタですみません。)グレーになった瞬間が映像で表している部分が個人的には一番イヤでした。やるからには普通の映像でやって欲しいなと思いました。映像で区別するとは……そしてラストシーン。白木の死の真相(?)を知った意味で別の衝撃でした。姉と同じ日に死ぬ……なんということだ!くだらない理由すぎる!!(原作にあるのかもしれないが、)結果がこれかよ!!と落胆してしまった。

最後まで納得がいかなかった。よし、明日は原作を買って読もう。そこでまた比較できればと、、、


最後に、柳楽優弥クン、最初見た時にコイツ誰だ?と思ってしまいました。ごめんなさいm(_ _)m